FC2ブログ

プリ水着(画像あり)
↑↑↑↑↑
ぷりっケツをクリックすると、
ハゲが治ったり、モデルの彼女とが出来るようになります。
コラム:Hの見極め方「女の子が求めるセックスとは」を参考に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子東大生に聞いた、日本のAIDS動向

 厚生労働省エイズ動向委員会の調べでは、現在までに報告されたHIV感染者、エイズ(AIDS)発症患者の報告は1万4000件を超えている。

 20~30代の若者を中心にHIV感染は拡大しているが、その一方で、熱心にAIDS防止の啓発活動に取り組む若者もいる。

他の写真も見る

 「恋愛の先にセックスがあるのは、自然なことです。ただ、安全でないセックスは、HIVを含めた性感染症感染のリスクを高めます。日本のHIV感染者は増えています。HIV陽性者が同じ電車にも乗っている。それだけ、HIV-AIDSの問題って身近にあるものなんです」

 そう話すのは、エイズ啓発キャンペーン「wAds(World AIDS Day Series)2007」を主催する「wAds2007 実行委員会」の籠田綾共同代表(21、東京大3年)だ。籠田さんは、2年前からのNGO「アデオジャパン」での活動をきっかけに、エイズ啓発に参加するようになった。

 「『wAds』の活動は、小さな団体同士が、普段の活動を超えて繋がり合い、12月1日の世界エイズデーに向け、共同啓発活動をプロデュースするというもので、今年で3年目。『日本でもエイズって身近なもの、でも予防できるんだ』と気付いてほしい。そのきっかけ作り、意識喚起の活動です」

 籠田さんに日本の若者とエイズについて伺った。

 まず、現在の若者のセックスとは、どのようなものなのか。

 「セックスでコンドームをつけるかどうか、10~20代の若者を中心にアンケートをとりました...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

«KELUN、さらりとは聴き流せないナンバーでメジャーデビュー!! | トップへ戻る |  Pカップアイドル風子がユッサユッサと飲酒運転撲滅ソングを熱唱»

最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。