FC2ブログ

プリ水着(画像あり)
↑↑↑↑↑
ぷりっケツをクリックすると、
ハゲが治ったり、モデルの彼女とが出来るようになります。
コラム:Hの見極め方「女の子が求めるセックスとは」を参考に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ロボ★ロック>ゴンゾ初の実写SF映画公開 ヒロイン美波は「気持ちよく破壊」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000008-maiall-ent
 劇場版アニメ「ブレイブ ストーリー」などのアニメ制作会社「ゴンゾ」が初めて製作した実写映画「ロボ★ロック」(須賀大観監督)が23日公開され、主演の塩谷瞬さん(25)らが舞台あいさつに登場。ヒロイン・キリコを演じた美波さん(21)は「暴走してます。監督から『破壊して』と言われたので、とても気持ちよく破壊させていただきました」と話した。

【写真特集】 塩谷さんや美波さんら主演陣らが登場した舞台あいさつの様子はこちら

 「ロボ★ロック」は、ロックシンガーになれず、うだつの上がらない便利屋のマサルのところに、公務員というニラサワから依頼が舞い込む。タタラジマ博士が開発した巨大ロボ「ランドツェッペリン」を起動させるため、マサルの声が必要という内容だった。マサルは取り合わないが、「まもなく襲来する土星人と戦うためだ」と力説するニラサワに、マサルの彼女キリコは「5000万円出すなら」と吹っかける。その後、麻薬の取引に巻き込まれ、絶対絶命のピンチに陥ったマサルが「ランドツェッペリン起動!」と叫ぶと、全長25メートルの巨大ロボットが姿を現す……という痛快なアクション。

 監督は映画「最終兵器彼女」の須賀監督、マサルを「パッチギ」の塩谷さん、キリコをドラマ「有閑倶楽部」の美波さんが演じる。

 舞台あいさつで「巨大ロボがあったら?」という質問に、美波さんが「モニュメントのようにそこにじっとしていて欲しい。それしか使いようがないです」とバッサリ切ると、塩谷さんは「(巨大ロボは)男の夢なのに」と反論...

ニュースの続きを読む

«1部屋丸ごと使った巨大インスタレーション-天候で雰囲気も左右 | トップへ戻る |  美波、作品以上に“ぶっ飛んだ”発言で共演者も苦笑い!?»

最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。