FC2ブログ

プリ水着(画像あり)
↑↑↑↑↑
ぷりっケツをクリックすると、
ハゲが治ったり、モデルの彼女とが出来るようになります。
コラム:Hの見極め方「女の子が求めるセックスとは」を参考に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1部屋丸ごと使った巨大インスタレーション-天候で雰囲気も左右

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000000-hsk_tj-l40
 九州日仏学館(福岡市中央区大名2)5階ギャラリーで11月10日より、部屋全体を使用したインスタレーション作品を展示している尾形明子さんの個展「正義工場」が開催されている。

 尾形さんは1981年生まれで、2000年より制作活動を開始。「写真を燃やす」など一味加えたヌード写真などを撮影するほか、2001年に開催した初の個展では会場中に髪の毛をコピーした作品を並べるなど、独創的な作品を制作している。昨年、イムズ(中央区天神1)8階・三菱地所アルティアムで行われたジャンルフリーの公募展「For Rent!For Talent!2」では、審査で選ばれ、作品を発表している。最近では立体的な作品も多く、「決まった色や形、安定したものが嫌い。作品を安心して見てほしくない」(尾形さん)というコンセプトを基本に制作活動を行なっているという。

 今回は同館の呼びかけにより同展が実現。73平方メートルの会場全体を使用し、「部屋の形を変えた表現方法をしたい」(尾形さん)とアルミホイル約50本、ブルーシート、模造紙、ゴミ袋100枚を使用した作品1点を発表。作品のコンセプトは「胎内」「宇宙」「静かな爆発」。ブルーシートや大量に買い込んだアルミホイルをつないだもので部屋を覆い、円形が描かれた模造紙で覆われた奥のスペースの中心にはダイナマイトを表現したものを設置し、宇宙の爆発を表現したという。「子どもにはお母さんの胎内、自身の年齢(26歳)ぐらいの人は宇宙など、生きてきた中で取得した情報、世代によって感じ方が違う作品になっているのでは」と尾形さん...

ニュースの続きを読む

«<学園祭>ミス慶応は18歳 弁護士を目指す藤井みゆさん | トップへ戻る |  <ロボ★ロック>ゴンゾ初の実写SF映画公開 ヒロイン美波は「気持ちよく破壊」»

最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。