FC2ブログ

プリ水着(画像あり)
↑↑↑↑↑
ぷりっケツをクリックすると、
ハゲが治ったり、モデルの彼女とが出来るようになります。
コラム:Hの見極め方「女の子が求めるセックスとは」を参考に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永作博美「誰も見たことない『人』つくりたい」…報知映画賞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000001-sph-ent
 ◆第32回報知映画賞・最優秀助演女優賞 テレビドラマと舞台を中心に活動してきた永作にとって、33歳で映画初出演になった03年の「ドッペルゲンガー」(黒沢清監督)が大きな転機になっている。

 「(テレビドラマと比べて)映画の現場はバタバタしてないっていうか…。それと、昔は衣装とセリフがあればその役になれると思ったけど、その先が大きいことに気づいた。誤解を恐れずに言うと、一字一句、間違えずにセリフを言うことが私の仕事じゃないと思ったんです」

 妻を決して抱こうとしない夫(永瀬正敏)と、漫画ばかり書いている義妹・清深(佐津川愛美)、そして自分は大女優になれると勘違いしている主人公(佐藤江梨子)。強烈なキャラぞろいの「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で、永作が演じたのは、孤児として育ち三十路を過ぎてようやく結婚相手(永瀬)に巡り会った幸薄の女・待子。吉田大八監督(44)は、人の痛みや苦しみを全身で受け止める女性像を思い描いていたが、永作の提示したキャラは違った。

 「鈍感でないと生きていけない人だと思ったんです。愛すべき“痛い女”にしたかった。痛みも悲しみも乗り越えて、明るさの中に痛さがあるといいなと思って」呪い人形のような不気味なオブジェを作り上げても笑顔を見せる待子は、童顔な永作にマッチした、まさに“怪演”だった。「誰も見たことのない『人』がつくりたい。でも、こういう人いるよねっていうのを」...

ニュースの続きを読む

«【独女通信 アダルト編】女性の「アレ」は鍛えられるって本当? | トップへ戻る |  鈴鹿サーキットを走る…自分の車で、自分の足で 1月1-2日»

最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。