FC2ブログ

プリ水着(画像あり)
↑↑↑↑↑
ぷりっケツをクリックすると、
ハゲが治ったり、モデルの彼女とが出来るようになります。
コラム:Hの見極め方「女の子が求めるセックスとは」を参考に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年AFM総括 冷え込む洋画市場を反映

 WGAのストライキ騒動のなか、今年最後の映画マーケットであるアメリカン・フィルム・マーケット(AFM)が幕を閉じた。日本人バイヤーたちの傾向に注目してみる。

増えるバイヤー数、会社数では減少
 主催団体のインディペンデント・フィルム・アンド・テレビジョン・アライアンス(IFTA)の発表によると、本年度全世界から参加者したバイヤーの合計は昨年比3%増の1628人だった。そのうち日本人バイヤーの割合は、アメリカ人に続いて全体の2位となる14%。だが、人数は増えているものの、参加した会社の数は昨年より5社少ない54社であった。

目玉作品に欠けるマーケット
 参加した日本人バイヤーたちの話では、今年は特に目玉となる作品もなく、数年前までのように各社が集中して買いに走り、競争を繰り広げたという活気のあるマーケットではなかったようだ。一方、映画セールス担当者たちの方は、日本人バイヤーの勢いのなさを強調する。

 また、バイヤーたちは口を揃えて、各作品のセールス会社側の提示値段が高いことを指摘している。「確かに以前よりは(アスキングの価格設定となる)製作費に対するパーセンテージが下がっている。しかし、製作費が上がっているのだから、結局は値段が下がっているとは言い難い」。

買い付けに慎重な姿勢を見せる日本人バイヤーたち
 アメリカの代表的なインディペンデント製作会社のひとつであるワインスティンCo.のインターナショナル部門のグレン・バズナー社長は、「最近の日本人バイヤーは、1本の作品を買うのに以前より時間をかける...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

«ブルームバーグNY市長、人気ドラマの映画版に登場へ | トップへ戻る |  <プレスリリース>セイコーウオッチ、腕時計「ワイアード」の新モデル4機種を発売»

最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。