FC2ブログ

プリ水着(画像あり)
↑↑↑↑↑
ぷりっケツをクリックすると、
ハゲが治ったり、モデルの彼女とが出来るようになります。
コラム:Hの見極め方「女の子が求めるセックスとは」を参考に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩谷瞬、海外進出? 熱いロックンロール魂を見せる『ロボ☆ロック』舞台挨拶

『ブレイブ・ストーリー』に『アフロサムライ』などデジタルアニメーションの先駆者として確固たる評価を得ているアニメプロダクション「GONZO」が挑んだ初の実写映画『ROBO☆ROCK ロボ☆ロック』。本作の試写会が11月15日(木)に行われ、主演の塩谷瞬が上映前の舞台挨拶に登壇した。( この映画のフォトギャラリー )

劇中で“グレートマサルバンド”のボーカルとして歌声を披露している塩谷さん。試写会の冒頭では、劇中で歌う「ロックシンガーはサカナを喰わない」のPVが上映された。「おれはサカナを喰わねぇ!」と叫び「サカナ! サカナ!」と繰り返す塩谷さんの姿に会場は爆笑。そしてPV上映が終わると、演奏を担当しているロックバンド「カウンターズ」のメンバーを引き連れて塩谷さんが登場。ロックシンガーとして威風堂々と…と思いきや塩谷さんは開口一番「恥ずかしい…」。初めて脚本でこの歌の部分を読んだときは「すげぇな。どんな曲になるんだ?」と思ったという塩谷さんだが、その先には驚くべき撮影が! 「これまでの出演作でも劇中で歌うことはあったんですが、今回が一番練習時間がなかったですね。というか曲渡されていきなり本番、という感じでした。リハーサルもしてないのにスタッフさんは『よしいってみよう! 大丈夫、瞬に合わせるから』って…。(須賀大観)監督はあっさり『良かったよ』って言ってくださったんですが、こっちは『おい本当かよ!?』って(笑)...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

«日本コカ・コーラとモバゲータウン、無料ゲームなどプレゼント | トップへ戻る |  株式会社レッド・エンタテインメントの名越社長に直撃!『ここはどこ!?昭和30年代の下町を巡るテーマパー»

最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。